KUROYA TOMOYA WEB

すーぱーぼーる

妹と姪が来ていた。どこだかでお祭りがあったのだとかで、その帰りに寄ったらしい。

姪はプラスチックの裏にマグネットの貼り付けてある平仮名の五十音のおもちゃで、「すーぱーぼーる」という文字を冷蔵庫の扉に並べようとしていた。しかし、そのおもちゃには「ー」がないので、「すうぱあぼうる」にする事にしたようだった。
僕が階下に降りた時には「ぼ」の次の「う」を探していた。ところが、そのおもちゃの平仮名は、それぞれ一文字ずつしか用意されておらず、「う」はすでに使われているから、姪は続きが作れないでいた。
僕は「すうぱあぼおる」にすればいい、と言った。
それで「お」を探したのだけれど、「お」は紛失してしまったらしく、見つからなかった。
「すうぱあぼおる」を諦め、次に、姪は「やきとり」と作ろうとして、どういう訳か「やきそば」を作っていた。
それから、「きんぎょ」と作ろうとして、妹に、きんぎょは「き」が二つないからできないと言われていた。姪にはまだ、そういうことが、瞬間的には分からないようだ。
それにしても、時々、文字を90度回転して並べていたのは、どういうことだろうか。逆さまになっている字もあった。

アンパンマン ひらがなマグネット
アンパンマン ひらがなマグネット

この手のやつで、絵のない、100円ショップで売っていそうなもの。

すーぱーぼーる すーぱーぼーる Reviewed by 黒谷知也 on 9/21/2014 Rating: 5