KUROYA TOMOYA WEB

白兵戦

白兵戦という言葉にどうして「白」が使われているのだろうと疑問に感じ、調べた。

意味

白兵戦(はくへいせん、英: close combat)は、刀剣などの近接戦闘用の武器を用いた戦闘のこと。現代では、近距離での銃撃戦と格闘戦も一体のものとして捉えており、距離によってCQBやCQCとも分類される。

ウィキペディアより

語源

白兵とは、刀や剣、槍、銃剣、ナイフなどの武器を総称した「白刃」を装備する兵士を意味する。弓矢や投石器などの射撃武器、投擲武器を用いる遠戦の対義語であり、近代戦においては火器を用いた火戦の対義語となる。
用語としての「白兵」は、明治初年に日本陸軍がフランス軍の歩兵操典を採用したときに、フランス語のarme blancheを翻訳したものとされるが、単語自体は刃物を指すのみである。

ウィキペディアより

「白兵」ではなく「迫兵」とするならば、”迫る兵”というふうに意味が想像しやすいのだけれど、そうではなくて「白兵」なのは「白刃」から来ているからだとか。しかし、「刃」の一文字が取れると途端に意味がわからなくなってしまう。

白物家電

ところで、「白物家電」はなぜ「白物家電」なのかというと、こちらは想像通りその手の家電に白い色の物が多いからだという話を聞いたことがある。

白兵戦 白兵戦 Reviewed by 黒谷知也 on 2/01/2015 Rating: 5